低血ボルト【ずっと真夜中でいいのに。】歌詞の意味を考察!「正義」を押し付ける現代社会に物申す!

今回は、ずっと真夜中でいいのに。さんの「低血ボルト」の歌詞を考察していきます!

今回は2018年から活動を開始し、映画「約束のネバーランド」や「さんかく窓の外側は夜」の主題歌に抜擢されるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する音楽ユニット。

【ずっと真夜中でいいのに。(通称:ずとまよ)】。

今回は、このユニットの1曲であり、2020年7月23日にYouTubeにて配信された

「低血ボルト」の歌詞考察をしていきます!

「低血ボルト」は、ボーカル・ACAねさんが作詞作曲を手掛けております。

誰もが不意に行ってしまう、周りの意見に同調し他人を否定するという

「自分の価値観の押し付け」への批判を表現している歌詞は、誰にとっても

考えさせられる内容となっております。

では早速、歌詞の考察を始めていきましょう!

「低血ボルト」タイトルの意味は?

ACAねさんは「低血ボルト」について、このようにコメントを残しています。

ACAね コメント

低血ボルトは、自分がそれぞれ思っている正義とて、周りに押し付けるのは如何なものかと。

不服な花が咲き、ていけつのエビデンスもただ紙っぺら。それに縛られず何かを犠牲にしたとしても守りたい大切がある。

でも何も失いたくないんですけどね。

そういう意思が自分自身の契約になればなぁと。そう思ってます。

ちょっと解釈が難しいコメントですよね。

コメントから察するに、SNSを中心としたインターネット社会。

様々な事象に対して、怒りで頭に血が昇り、心ない罵声を浴びせたりして、

事件にまで発展してしまうのが珍しくない世の中になってきました。

これは自分の正義。

つまり価値観を、その人の事をよく知りもないくせに押し付けていることに等しいという事です。

つまり「低血ボルト」は、ボルトのねじを締め直して、一度血圧を下げるように冷静なろう。

自分の価値観を持つことは大切だが、他人への押し付けは良くない。

という、メッセージソングだと思われます!

低血ボルト 歌詞考察!

サビは自分と向き合い、乗り越える姿が描かれている

怖がることはもういーかい
惑わされてくなら
頭でっ価値 ずっとうんと砕いてもっと
乱してあげて
脳みそ達止められない 操れない僕に
期待したいんだ
切り刻まれ この皮膚に従うほど
無敵になれた

これはサビです。

サビを見ていると、自分の価値観を向き合い、壊そうと葛藤している事が読み取れます。

「怖がることはもういーかい」

ここは自分の隠れた価値観に呼びかけて、壊すために出てきてもらおうとしています。

「頭でっ価値」

これは自分の価値観である事を示しています。

「ずっとうんと砕いてもっと」

この部分により、その価値観を壊そうとしている事が

想像できます。

「操れない僕」

ここでは、自分の価値観を壊そうとはしているが壊せない。

こんな葛藤も読み取る事ができます。

「切り刻まれ この皮膚に従うほど 無敵になれた」

最後のこの部分では、皮膚に刻まれるほど、自分の価値観は自分の体に染みついており

簡単に壊すことはできないんだという事が読み取れます。

また、この価値観に従えば、楽に生きることもできるという事も読み取る事ができます。

このことから、この曲の主人公は自分の価値観を壊すため、葛藤している事が

伺えますね!

自分と向き合った結果・・・

こわいよ
何も感じない 苦しみを 探し求め
我に帰ってく
ひたすら 噛み締めた 恨みは
くだらんか? ううん
助かれ..

これは最後の部分となります。

この歌詞から自分の価値観と向き合い続けた結果、

苦しみながらも結論を出した事が読み取れます。

「何も感じない」

この歌詞から、価値観を壊そうとした結果、自分の価値観を失ってしまい、

何も感じなくなったと推測できます。

「苦しみ」「ひたすら 噛み締めた 恨みは くだらんか?」

この歌詞から、自分の価値観と向き合った結果、自分の価値観を他人へ押し付けた時の苦しみを理解し、自分の価値観を恨み続けてきた事が読み取れます。

しかし、「ひたすら噛み締めた恨みはくだらんか?」という問いに、自分は「ううん」と

返答しています。

なぜなのでしょう?

これは、自分の価値観と向き合い続けた結果、価値観を壊すのではなく、自分の価値観と共存していく事が大切だと気付いたからだと思います。

なので、最後には「助かれ…」と歌詞には書かれています。

つまりこの歌詞は、「低血ボルトの意味」で説明した

自分の価値観を持つことは大切だが、他人への押し付けは良くない。

という事を気づいた瞬間であるという事が分かりますね!

さいごに

まとめると「低血ボルト」はこんな曲です!

・自分の価値観を持つことは大切だが、他人への押し付けは良くない。

 という、メッセージソング。

サビは自分と向き合い、乗り越える姿が描かれている

・自分の価値観と向き合い続けた結果、自分の価値観を持つことは大切だが、

 他人への押し付けは良くないと気が付いた。

この曲を聴けば、自分自身を見つめ直すきっかけになると思います。

あなたも一度、聴いてみてはいかがでしょうか!