最新情報を知りたい方はこちら!!

大正浪漫【YOASOBI】歌詞の意味を考察!時を超えて繋がる感動のストーリー!

記事の中に、原作小説の内容を含みます。ネタバレにご注意ください。
原作「大正ロマンス」はこちら

今回は、大人気音楽ユニット・YOASOBIの新曲「大正浪漫」について、歌詞の意味を考えてみようと思います。

「小説を音楽にするユニット」として活動しているYOASOBI。

今回は、昨年7月に開催された原作募集コンテスト「夜遊びコンテストvol.2」にて、2086作の投稿の中から大賞を受賞したNATSUMIによる小説「大正ロマンス」を原作として制作された楽曲です。

曲の発売にあたり、原作「大正ロマンス」を大幅に加筆修正を行い、題名を変更した小説「大正浪漫」が、曲のリリースの翌日、9月16日に発売されます。

書籍の限定版には、“大正浪漫風”に衣装替えをしたYOASOBIのキービジュアルポストカードとオリジナルのしおりが封入されています。

小説「大正浪漫」は、現代に生きる主人公・時翔と100年前の大正時代を生きる千代子の時代を越えた“文通”から繰り広げられる、切なくも美しい恋模様を描いた作品だそうで、小説の内容も気になりますね。

created by Rinker

大正浪漫 歌詞考察

ある日突然にそれは
訪れた出来事
始まりは一通の手紙
送り主は遥か昔を生きる君
そんな不可思議な出会い

ある日主人公・時翔(ときと)のもとに届いた不思議な手紙。

手紙は100年前の大正時代を生きる女の子・千代子が書いたものでした。

手紙の始まりは、千代子が想像して書いた100年後の未来のことを箇条書きにした一枚の紙で、「勝手にお洋服を洗ってくれる機械ができている」など、実現したものも書かれていました。

令和の時代に存在するもの、しないものを答え合わせをするように書いていく時翔。

書き終えた手紙はいつの間にか時空を超えて、再び大正時代の千代子の元へ届けられました。

僕の時代には今
こんなものがあって
こんな暮らしをしているよ
文字に込めて伝え合ううちに
いつしか芽生えたロマンス

何度も交わす手紙の中で、100年後の世界のことを伝えるうちに深まってゆく二人の絆。

10日ごとに相手に届く不思議な手紙を書きあっているうちに、二人の間に特別な思いが生まれます。

100年の時を超えたラブストーリーはとてもロマンチックですね。

決して出会うことの出来ない僕ら
それぞれの世界から
綴る言葉
募る想い
姿さえも
知らないまま

手紙のやり取りは出来ても、直接会うことは出来ません。

どんな姿なのか、どんな声なのか、手紙に綴られた文字から想像することしか出来ないのです。

文通を続けるうちに募っていくお互いへの想い。

届くのに10日かかる手紙がスマホだったらいいのにと願います。

どんな時も君の言葉を
待ち焦がれているんだ
生きる時代は違うけど
何度でも時間を越えて
君と伝え合う想い
願いが叶うなら
一目でいいから
会いたいな
好きだから

この歌詞は千代子が時翔に送った手紙の内容を表していますね。

生きている時代は違っても胸の中の想いは同じです。

時翔から届く手紙を待ち焦がれている千代子。

一目でいいから会いたいと願うのは誰しも同じだと思います。

不意に思い出したのは
君が生きる時代の明日
起こること
悲しいこと
伝えなくちゃ
どうか奇跡よ起きて

原作小説では8月31日のニュースで知ることですが、千代子の生きる大正時代(1923年)の9月1日に起こることとは、関東大震災を指しています。

マグニチュード7.9の大地震による大規模震災で、地震によって生じた火災などで被害が拡大し、死者・行方不明者は10万人以上、被災者数は190万人を超すと言われています。

大正時代に届くのに10日かかる不便な手紙。

「すぐに逃げて」と書いた手紙が早く届くように願う時翔でしたが、その願いは届きませんでした。

過ぎていく時と
変わる季節
あれから途絶えた手紙
もう届かない言葉だけが胸を締めつける

時が過ぎ、冬になった現代。

あの日から返ってこない手紙を待ち続ける時翔は、もっと早く気づいていれば、と自責の念にかられています。

千代子がどうなったのか、もう知る方法はありません。

遥か彼方100年先を
君が見てみたいと願った未来を今
僕はまだ歩いているよ
苦しい想いを胸に抱いたまま
そんな僕に届いた手紙
見覚えのある待ち焦がれていた文字
それは君があの日を越えて
僕に書いた最後の恋文
君が君の時代を生きた証を
八千代越えても握りしめて
僕が僕の時代に見るその全てを
いつか伝えに行くよ

千代子が見てみたいと願った100年先の未来を生きている時翔。

あの日の後悔は胸に残ったまま、時だけは過ぎていき時翔は高校生になりました。

高校で仲良くなった友達の家で、おじいちゃんから渡された一枚の手紙。

そこには、あの日から待ち望んだ懐かしい文字が書かれていました。

火災が鎮まった10日後、焼け落ちた千代子の家跡に届いた手紙は、震災を生き延びた千代子の手に渡っていたのでした。

その後長生きした千代子は、いつか逢えるかもしれないという望みを子供に託し、天寿を全うしたのでした。

時翔は、自分の人生を精一杯生きて、いつか天国で待っている千代子に伝えに行こうと決意します。

手紙のやり取りをしていた千代子の子孫と巡り合うのは、神様が起こしてくれた奇跡なのかもしれませんね。

後半の歌詞には、赤字で示した二人の名前が使われています。

千代(長い年月)の時を翔けた運命的な恋物語でしたね。

原作小説と合わせて聴くと、よりその世界に入り込めることでしょう。

created by Rinker

さいごに

いかがでしたか?

歌詞の中にも遊びが隠された素晴らしい楽曲でした!

合わせて発売される小説も必見です!