最新情報を知りたい方はこちら!!

SO BLUE【Kis-My-Ft2】歌詞の意味を考察!歌割り有り!見たかった空を一緒に見よう!

キスマイことKis-My-Ft2の「SO BLUE」は、「Fear」と両A面の28thシングル(2021年9月15日:CDリリース)。

9月1日にLINE MUSICで先行配信され、LINE MUSICのキャンペーンソング、フジテレビ系バラエティ番組「もしもツアーズ」のテーマソング(9月4日~)に起用されました。

「Fear」が「陰」、SO BLUEが「陽」を表していて、振り幅の広いキスマイの二面性を堪能できます。

今回は優しく背中を押してもらえる、爽やかな応援ソング「SO BLUE」の歌詞について考察していきましょう。

SO BLUE 歌詞考察!

見たかった空とは?

見たかった空が広がって 重なった夢が動き出す
澄みきった雲ひとつない
SO BLUE SO BLUE 輝くヒカリ
  • 見たかった~:藤ヶ谷太輔さん
  • 澄みきった~:北山宏光さん

タイトルの「SO BLUE」とは「とても青い」という意味です。

2020年以降、新型コロナウイルスの感染拡大により、天気にたとえるなら雨や曇りのような日々が続いています。

どうにか収束して、晴れ渡った青空のような日々を過ごしたいものですね。

つまり「見たかった空」(みんなが望んでいる景色)とは「晴れ渡った青空」(清々しい気分、安心できる日々)のこと。

「夢や希望を胸に抱き、明るい未来を信じて、空を見上げよう。一緒に先に進もう」と優しく寄り添ってくれています。

見えない未来 不安だけがただ 押し寄せる日々
息を潜めていた 誰にも言えず でも

届いてるから 君のメッセージはいつも
I never give up Believing in myself
  • 見えない~:宮田俊哉さん
  • 届いてる~:千賀健永さん
  • I never~:横尾渉さん

感染症のパンデミック(世界的大流行)は、誰もが予測不可能なところが厄介です。

黙って耐え忍んでいれば状況は良くなるかもしれないと願いつつ、悪化する一方で収束しないのではないかという「不安」に押しつぶされそうになります。

そんな声を受け止めたうえで、投げ返してくれるのが「自分を信じることをあきらめない」という力強い言葉です。

見たかった空が広がって 重なった夢が動き出す
胸の高鳴りは 希望の足音
涙の雨もいつか止み 虹が架かった心には
澄みきった雲ひとつない
SO BLUE SO BLUE 輝くヒカリ

Spreading in front of us
Looking up at the awesome sky

シェイクスピアの戯曲「マクベス」の名台詞「明けない夜はない」と同じように、止まない雨もありません。

どれほど悪い状況でも永遠には続かず、いつかは好転します。

大切なのは、あきらめずに信じること、「心に虹を架ける」ように希望をもつこと。

七色の虹と、キスマイの7人が重なりますね。

みんなの前に広がる、最高の空を見上げましょう

七色の虹と青空を見上げよう!

忙しい日々 忘れがちな優しさ伝えたくて
想いを全部 全部 言葉にしてみたよ

届いてるかな 君の元へこの音色
Just like your favorite song Cheer you up anytime
  • 忙しい~:宮田俊哉さん
  • 届いてる~:北山宏光さん
  • Just like~:横尾渉さん

「SO BLUE」の歌割り(パート割り)は7人平等に近く、舞祭組(ブサイク)の4人(横尾渉さん・宮田俊哉さん・二階堂高嗣さん・千賀健永さん)にもしっかり割り当てられていて、とくに宮田俊哉さんのパートが多いと評判です。

忙しい3人(北山宏光さん・藤ヶ谷太輔さん・玉森裕太さん)だけでなく、優しい舞祭組の4人も「想い」をさらけ出すように歌っています。

そんな「SO BLUE」こそ、どんなときも元気になる、お気に入りの曲に違いありませんね。

いつだって空は笑ってる 早く!って夢が呼んでいる
まだ見ぬ明日は 眩い七色
知らない世界に隠れてる 煌めきをさあ見つけに GO!
飛び込めば雲ひとつない
SO BLUE SO BLUE 輝くヒカリ
  • いつだって~:全員
  • まだ見ぬ~:二階堂高嗣さん
  • 知らない~:全員
  • 飛び込めば~:玉森裕太さん

日本で一般的に認識されている虹の色は「赤・オレンジ・黄色・緑・青・藍色・紫」。

キスマイ7人のメンバーカラーといえば「赤・オレンジ・ピンク・黄色・緑・水色・紫」です。

少々異なりますが、どちらの「七色」もまぶしい光。

忙しい毎日でも笑顔を忘れず、「七色」の夢や希望を抱けば、青空のように輝く、幸せな日々になるでしょう。

いつでも見上げれば 果てしなく続く空 追いかけて...
どこまでも We gotta dreamin’ on
この先も We gotta dreamin’ on, movin’ on
I know you know 重ねた君の声が
Let me know Let you know トマラナイ
So now we go!
  • いつでも~:宮田俊哉さん
  • どこまでも~:二階堂高嗣さん

暗い気分のときはうつむきがちですが、空を見ようとすれば自然と上を向くことになります。

坂本九さんの「上を向いて歩こう」(1961年10月)と同じような原理ですね。

二階堂高嗣さんのラップパートでは、夢を見続けることの大切さが表現されています。

見たかった空が広がって 重なった夢が動き出す
胸の高鳴りは 希望の足音
涙の雨もいつか止み 虹が架かった心には
澄みきった雲ひとつない
SO BLUE SO BLUE 輝くヒカリ

Spreading in front of us Hey
SO BLUE SO BLUE
Why not look up at the awesome blue sky?
  • 見たかった~:千賀健永さん
  • 胸の~:横尾渉さん・千賀健永さん
  • 涙の~:全員
  • 澄みきった~:玉森裕太さん
  • SO BLUE~:全員
  • Spreading~:千賀健永さん
  • SO BLUE~:北山宏光さん
  • Why not~:藤ヶ谷太輔さん

2番のサビは1番のサビと同じですが、歌割りと英語詞に違いがあります。

「Why not?」は「~してみたらどう?」という提案です。

七色の虹みたいなキスマイの7人と共に、希望に満ちた最高の青空を見上げてみてはいかがでしょうか

さいごに

2005年7月結成、2011年8月に1stシングル「Everybody Go」でデビューしたKis-My-Ft2は、2021年8月にデビュー10周年を迎えました。

デビュー後はメインの3人と後の舞祭組の4人というグループ内格差があったようですが、「SO BLUE」では見事に「七色」とも輝いているのではないでしょうか。

これからも「七色」のキスマイと一緒に、上を向いて歩き続けたいですね。