LITMUS【緑黄色社会】歌詞の意味を考察!

今回は、8月25日に緑黄色社会4枚目のシングルとしてリリース予定の「LITMUS(リトマス)」の歌詞を考察したいと思います!

7月8日放送開始のドラマ『緊急取調室』の主題歌として書き下ろされたこの楽曲、歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

ドラマの内容や緑黄色社会の楽曲コメントも合わせてご紹介していきます。

ドラマ『緊急取調室』

ドラマ『緊急取調室』は2014年に放送が開始された刑事ドラマシリーズです。

取り調べの中で供述がコロコロと変わるワケアリの容疑者を自白させるべく、取調べ専門のチーム・緊急事案対応取調班(通称・キントリ)が結成されます。

そのキントリの取調官として抜擢された刑事・真壁有希子(天海祐希)を中心に、犯人を落とすべく奮闘する刑事たちの姿が描かれます。

現在、シーズン3まで放送されおり、今回放送されるのはシーズン4となります。

第一話では、北海道警察へ出張することになり羽田空港へ向かった真壁が、50年間動きのなかった活動家・大國塔子(桃井かおり)が起こしたハイジャック事件に巻き込まれます。

人質を取り、同じ飛行機に乗っている国土交通副大臣を呼ぶように要求する大國に対し、真壁は自分が人質になると申し出ますが拒否されます。

そんな中、大臣の代わりにやってきた第一秘書が、もみ合いになった挙げ句、命を落としてしまうという事件が発生し、現場に居た真壁に批判の声が浴びせられます。

真壁はこのピンチを乗り越えることができるのでしょうか?

ドラマの放送が待ちきれませんね。

緑黄色社会 楽曲コメント

緑黄色社会の楽曲コメントをご紹介します。

誰もが持っていないようで持っている“秘密”、大切な人であればあるほどその秘密の蓋は開けられない。

それに対する後ろめたさや自責の念を、当の自分ですら忘れようとしていることがあります。

掘り起こされる前に、暴かれる前に明かすことができるならどれほど楽か。

想えば想うほど固く塞がれていくことが意味するのは、他愛なのか自愛なのか。

葛藤の末に導かれる答えは本心なのか偽心なのか。

そのことを今一度問うことができたときに、初めて本懐を遂げることができる楽曲です。

タイトル「LITMUS(リトマス)」は、理科の授業で使うリトマス紙を表しているのでしょう。

元々は紫色で、付けた液体が酸性なら赤色、アルカリ性なら青色に変化するリトマス紙。

他愛・自愛、本心なのか・疑心なのかを暴くために使われるのかもしれませんね。

楽曲の公開が楽しみです!

LITMUS 歌詞考察!

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

さいごに

いかがでしたか?

若い世代を中心に人気沸騰中の緑黄色社会。

今後の活動からも目が離せません!