最新情報を知りたい方はこちら!!

レモンパイ【マカロニえんぴつ】歌詞の意味を考察!甘酸っぱい恋の始まりを描く!

レモンパイ」は「マカえん」ことマカロニえんぴつの2ndシングル(2018年10月リリース)。

そのジャケット写真がアイルランドのロックバンド、ジ・アカデミック(The Academic)の1stアルバム「Tales from the Backseat」(2018年7月リリース)を大胆にオマージュしていることでも話題になりました。

全14曲入りの2ndアルバム「hope」(2020年4月リリース)のオープニングも飾っています。

TBSテレビ「王様のブランチ」の2018年10月度エンディングテーマにもなり、タイアップ曲としてマカロニえんぴつの知名度を高めました。

シングルなのにミディアムテンポ、16ビートのオールディーズっぽいポップミュージック。

ラップも入っていて、展開は多いもののコード数は少ないサウンドも人気です。

枝優花監督によるMVのロケ地は、群馬県太田市にあるコンビニ、オレンジハット沖之郷店。

レトロ自販機やゲーム機の聖地にもなっています。

男の子と女優さんの甘酸っぱいストーリーとバンド演奏のコントラストがおもしろいですね。

今回はボーカル&ギターはっとりさんが作詞・作曲した「レモンパイ」の歌詞の意味を考察します。

レモンパイ 歌詞考察!

数字がらみの言葉遊びが炸裂

ふざけ切って我に返る
鶴は千年、馬鹿は残念
安らかなロクデナシの午後だ
どうせ何百回も会いに行く支度する
迷惑だったりする?

好きな女の子の前では、なぜかふざけてばかり。

これ、男の子の「あるある」ですね。

10代の初恋はもちろん、20代の何度目かの恋でも、かっこつけるのが恥ずかしいのでしょう。

普通にしていればいいのに、緊張を隠そうとして自滅するパターン。

そんな男性心理を数字がらみの言葉遊びで表現しています。

「亀は万年」とは続けず、自嘲気味にずらしながらも、女性に嫌われないか気にしているところがお茶目です

ふざけ合って家に帰る
僕はまだちゃんと君をしらない
これ恋かもね、そうだとしたらどうなんだ
きっと神さまだって気付いていないのです

主人公の男性には仲のいい女性がいて、友だちのように楽しく会話している時期。

女性のことが気になるから話しかけているわけで、もしかしたら好きかもしれない、好きに違いないと自分の気持ちに気づいたところ。

つまり恋の始まりですね。

「ブルーベリー・ナイツ」にも「神様」が登場しますが、「レモンパイ」では「神さま」すら初々しいという違いがあります。

君に触りたい
揺れながら少し悲しいキスをしたい
夜の長さに飽きたのだ
甘くて残したレモンパイ

楽曲制作時の仮タイトルは後に変わることが多いものの、「レモンパイ」の場合はそのままだったそうです。

はっとりさんは実際に食べたことがない状態で作詞したとか。

レモンだけだと酸っぱすぎる、アップルパイだと甘すぎる、レモンパイはちょうど恋の始まりのように甘酸っぱいというイメージ。

最後まで食べずに残すことで、まだ恋が始まっていない、告白していないことが伝わってきます。

ラップは照れ隠し?

ワンツーのステップ・バイ・ステップ
日々 No way、石の上slowで三年目
ゴミクズ、くすぶっておりますわ
へい、オイラ江戸っ子でい
逃げるためだけの酒だぜ?
まじダっセえ、叱ってくれい!ホントに
(こんな事いつまでやってんだって話)

2番のラップパートです。

ありえない、信じられないという意味の「No way」と「の上」で韻を踏んでいます。

数字がらみの言葉遊びだけでなく、お酒に酔って下町言葉で自分を責める様子まで披露。

初々しくふざけ合う時期は過ぎ、3年経ってもまだ告白できないイラ立ちが見え隠れします。

それでも3年も思い続けるなんて純愛です。

やはりラップは照れ隠しなのでしょう。

君は触りたい?
照れながら少し雑なキスをしよう
あまりに僕ら怖がりで
甘すぎたようだ レモンパイ

1番では「悲しいキス」でしたが、2番では「少し雑なキス」に変化しています。

どちらにしてもまだ恋は始まっておらず、男性がイメージした想像の話でしょう。

本当にキスをしてしまったら、仲のいい友だち関係すら壊れてしまうかもしれません。

悲しい結末が訪れる可能性があるので、臆病になっています。

それでも思い切って先に進みたいという気持ちは募り、想像だけが前のめりになっている状態です。

恋の行方はどうなった?

愛の 歌やけに嘘くせぇな
友だちでいよう

とうとう告白するのかと思いきや、やっぱり友だちのままがいいと尻込みしてしまいました。

実は、甘酸っぱいレモンパイには「酸いも甘いも噛み分ける」という意味が含まれているとか。

告白して撃沈するだけでなく、付き合ったところで上手くいかなくなる恋愛もあります。

ネガティブな思い出があると、なかなか前へ進めません。

そんな苦い経験がある人しかわからないような「悶々とした感情」こそ、はっとりさんが描きたかったものだそうです。

君に触ったら終わるかな
終わってしまうかもな
でもすごく触りたい
揺れながら少し悲しいキスをしたい

恋が始まるのか、始まらないのか、はっきりとしない曖昧な状態。

そのときが一番楽しいのか、付き合ったほうがもっと楽しくなるのかはまだわかりません。

告白が実って付き合ったとしても、いつかは恋が終わることを知っているから「悲しいキス」と表現しているのかもしれませんね。

長い夜は一つ折りで二人占めに
甘すぎるくらいがいいね レモンパイ

最後まで数字がらみの言葉遊びになっています。

二つ折りのパイはよくありますが、1回折るのが二つ折りだとすると、「一つ折り」は折らずに開いた状態、もしくは折らずに重ねた状態かもしれません。

どちらにしても夜を一緒に過ごすシーンが描かれています。

ただし、恋の行方はこの曲を聴く人の想像、あるいは創造におまかせとのこと。

この夜のシーンが現実なのか、男性の想像のままなのか、どちらにも解釈できるのでお好みでお召し上がりくださいませ。

さいごに

4thミニアルバム「LiKE」(2019年2月リリース)の1曲目「ワンルームデイト」が「レモンパイ」のアンサーソングであり、続編です。

「レモンパイ」では「結局どうなったの?」とヤキモキしたままでしたが、「ワンルームデイト」では同棲して幸せに暮らしています。

告白しようか迷っている人は「ワンルームデイト」も聴いてみるといいですね