最新情報を知りたい方はこちら!!

こんなに悲しいのに腹が鳴る【クリープハイプ】歌詞の意味を考察!

今回は、ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』のエンディングテーマ、クリープハイプの「こんなに悲しいのに腹が鳴る」の歌詞を考察しようと思います。

野球を愛してやまないというクリープハイプの尾崎世界観さん作詞作曲の「こんなに悲しいのに腹が鳴る」。

どんなメッセージが込められているのでしょうか?

ドラマの紹介と合わせて見ていきましょう!

ドラマ『八月は夜のバッティングセンターで。』の内容を紹介!

あらすじ

主人公の女子高生・夏葉舞が夏休みの間アルバイトをしているバッテイングセンターを舞台に、スイングを見ればその人の悩みがわかるという怪しい男・伊藤智弘とバッティングセンターに訪れた女性の悩みを解決していくストーリー。

「ライフ・イズ・ベースボール」という伊藤の合言葉とともに、野球場へワープし、元プロ野球選手の伊藤が、「野球論」で例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく「ベースボール・ヒューマンドラマ」です。

各話に野球レジェンドが登場するこのドラマ。

記念すべき第一話には、元メジャーリーガーで現在は野球解説者を務める岡島秀樹さんが出演します。

クリープハイプ 楽曲コメント

オープニングテーマ『しょうもな』とエンディングテーマ『こんなに悲しいのに腹が鳴る』、どちらも担当しているクリープハイプは以下のようにコメントしています。

このような機会を頂けて、とても嬉しく思っています。

野球だけに限らず、もっとゾーンを広げて、生活を歌いました。

オープニングとエンディングで緩急をつけて、少しでも作品の力になれるよう、精一杯頑張ります。

野球らしく「緩急」をつけたという楽曲、どんな内容なのか楽しみですね!

こんなに悲しいのに腹が鳴る 歌詞考察!

歌詞が公開され次第、記事を更新します!お楽しみに!

error: Content is protected !!