最新情報を知りたい方はこちら!!

君を見つけてしまったから【フジファブリック】歌詞の意味を考察!素直になれない主人公はどうなる?

今回は、人気ロックバンド・フジファブリックが11月24日にリリースする新曲「君を見つけてしまったから」を考察していきたいと思います。

Paraviで放送されているドラマ「つまり好きって言いたいんだけど、」のオープニングテーマに起用されている本楽曲。

ドラマの内容とマッチした、大切な人へのもどかしい気持ちが表現された疾走感あふれる歌詞に注目です!

今回考察する「君を見つけてしまったから」は、11月24日にリリースするニューシングル「君を見つけてしまったから/音の庭」に収録されます。

早速歌詞を見ていきましょう!

君を見つけてしまったから 歌詞考察

どうして君は 手を振り返した? 冬の気配 また言えない言葉

この楽曲では、好きな人に想いを伝えられない主人公の姿が描かれています。

冒頭では、別れ際に手を振り返してくれた君の気持ちに悶々としている主人公の姿が歌われています。

自分に好意があるから振り返してくれたのか、それともただの挨拶で手を振っただけなのか。

片想い中のもどかしい気持ちが伝わってきますね。

冬の気配が近づいてくる今も、君に想いを伝えられずにいます。

影が伸びて 上手に歩けるフリ してたけれど
君が笑えれば それでよかったんだよ

真面目な顔もふざけても らしくいれたら
嘘つきは僕だけでいい Oh

主人公にとって、いちばん大切なものは君の笑顔です。

どんなときだって、君らしく居てくれればそれだけでいい。

「嘘つきは僕だけでいい」は、ドラマの主人公である嘘つきな俳優の藤代瀬那(ふじしろ せな)をイメージしているのかもしれません。

君を笑顔を守るためなら、辛い仕事も汚れ役も喜んで引き受けようという、主人公の君を想う気持ちが伝わってきます。

君を見つけてしまったから 全てが眩しくて痛くて
ねえもう ねえもう 遠ざけたくて近づきたくて
愚かな願い募るくらい つまり好きって言いたいんだけど
ねえもう 素直でいられなくて

運命に導かれるように君と出会ってしまった主人公は、もう目を離すことはできません。

痛いくらい眩しく光り輝く君を、「遠ざけたくて近づきたくて」。

主人公のもどかしい思いが表現されていますね。

ドラマのタイトル「つまり好きって言いたいんだけど」が、なかなか素直に言えない主人公。

想いを伝えることは出来るのでしょうか?

探しものは 気づけばこんなに 側にあったね
何だか涙が溢れそうになるよ

置き去りの歯ブラシのような 乾く心に
一つ二つ垂らせばいい Oh

主人公がずっと探してきたものとは、心の拠り所であり、守るべき存在の君を指していますね。

自分の気持ちに気づいたときのことを思い出しているのでしょう。

それまで、置きっぱなしでカラカラに乾いていた歯ブラシのようだった心に、君という水が少し含まれるだけで、元気が出てきます。

好きな人のことを考え、幸せな気持ちになっている主人公の姿がうまく表現されていますね。

君と出会ってしまってから 大切なことがわからない
ねえもう ねえもう 突き放したくて 抱きしめたくて
いつかくれた君の言葉で 乗り越えられそうな気がしてた
ねえもう ねえもう 臆病に用はない

同じ時を生きてる事に ぎこちないその笑い顔に 嘘はもうつけないよ

特別な君に出会ってから、他の大切なことなど目に入らなくなりました。

君に夢中になり、他のことに手がつけられなくなっている様子が伝わってきます。

繰り返される「ねえもう」という歌詞に、のめり込んでいる主人公の思いが込められていますね。

とうとう思いを伝える決心をしたようです。

これまでの臆病な自分に別れを告げ、もう嘘はつけないと自分自身に言い聞かせます。

君を見つけてしまったから 全てが眩しくて痛くて
ねえもう ねえもう 遠ざけたくて近づきたくて
愚かな願い募るくらい つまり好きって言いたいんだけど
ねえもう 素直でいられなくて
まだ言えてない言葉

サビは、繰り返しでもどかしい気持ちが表現されていますが、冒頭では「まだ言えない」だった言葉が、「まだ言えてない言葉」に変化しています。

素直になれない主人公ですが、まだ言えないという自信のなかった頃より成長していることが分かりますね。

主人公は、いつ想いを伝えられるのか、続きが気になる楽曲でした!

さいごに

いかがでしたか?

ドラマの内容ともマッチした素敵な楽曲でしたね。

物語の続きが気になります。

フジファブリックのこれからの活動も見逃せません!

error: Content is protected !!