最新情報を知りたい方はこちら!!

ハッピーエンドへの期待は【マカロニえんぴつ】歌詞の意味を考察!

今回は、人気ロックバンド・マカロニえんぴつの新曲「ハッピーエンドへの期待は」の歌詞を考察していきたいと思います。

2021年12月31日に公開される北村匠海さん主演の映画『明け方の若者たち』の主題歌として書き下ろされた本楽曲。

来年1月12日にリリースされるメジャー1stフルアルバムに表題曲として収録されます。

どんな内容になっているのでしょうか?

映画のあらすじと楽曲コメントも合わせてご紹介します。

映画『明け方の若者たち』

ウェブライターのカツセマサヒコによる小説デビュー作を、北村匠海さん主演で映画化した作品。

ヒロインを黒島結菜さん、主人公の親友役を井上祐貴さんが演じます。

あらすじ

東京・明大前で開かれた学生最後の退屈な飲み会。

そこで出会った<彼女>に、一瞬で恋をした。

下北沢のスズナリで観た舞台、高円寺で一人暮らしを始めた日、フジロックに対抗するために旅をした7月の終わり・・・。

世界が<彼女>で満たされる一方で、社会人になった<僕>は、〝こんなハズじゃなかった人生″に打ちのめされていく。

息の詰まる会社、夢見た未来とは異なる現実。

夜明けまで飲み明かした時間と親友と彼女だけが、救いだったあの頃。

でも僕は最初からわかっていた。

いつか、この時間に終わりがくることを・・・。

映画公式HPより引用

飲み会で出会った彼女と恋に落ちた主人公でしたが、実は彼女には大きな秘密がありました。

彼女の秘密とは何なのか、その秘密を知った上で付き合った主人公はどうなってしまうのか?

丁寧に張られた伏線も見どころの一つです。

年末の公開が楽しみですね!

楽曲コメント

マカロニえんぴつ・はっとりさんのコメントを紹介します。

下北沢を、明大前を、期限付きの恋人ごっこを、どうにもならず掻きむしった夜のことを、想いながら思い出しながら書いた歌です。

原作から大好きな作品にこうして携われたことが嬉しいです。

カツセさん、改めて映画化おめでとうございます。

2016年、初の自主企画「マカロックツアーVol.1~鳴らし廻り~」を開催したり、下北沢に関わりの深いマカロニえんぴつ。

楽曲にどんな想いが込められているのか、歌詞の公開が楽しみです!

ハッピーエンドへの期待は 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

さいごに

いかがでしたか?

楽曲の公開が楽しみですね。

error: Content is protected !!