最新情報を知りたい方はこちら!!

白日(はくじつ) 【King Gnu】の意味を考察!雪と罪が指し示す真実にあなたは気づきましたか?

今回は、YOUTUBE総再生回数3億回超えという驚異的なヒットを記録した、King Gnuさんの代表曲である「白日」についての歌詞考察を行っていこうと思います。

独特な世界観を持つ彼らの歌詞も相当深いものになっているのではないでしょうか。

それではやっていきましょう。

あわせて読みたい

「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として話題に

皆さんはこの題名、最初から「はくじつ」と読むことができましたか?

巷では「しろめ」と読んでしまい、恥ずかしい思いをしたことがある人がとても多いようです。

読み方を知らなかった人は同じ過ちをしないよう、気をつけてくださいね(笑)

さて、この白日は2019年、1月から放送された連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌として書き下ろされました。

King Gnu Gt/Voであり、主に作詞作曲を担当している常田大希が正月休みを返上して楽曲制作をしたそうで、そのとき、部屋で一人で制作した状況をエモいと表現し、そのエモさが曲に入ってきたかもしれないと本人は語っています。

あわせて読みたい

「白日」という題名の意味とは

ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」はその題の通り、犯罪や冤罪についてが主な題材となっています。

そして、この白日という言葉は、太陽や昼間という意味もありますが、身が潔白であることという意味もあります。

「白日のもとに晒す」なんて言葉もよく耳にしますよね。

一見明るい言葉にも思えますが、その裏にはたくさんの罪が隠れているのかもしれません。

そういった意味も踏まえて歌詞を見るとより深く読み取ることができるのではないでしょうか。

それでは早速歌詞の考察をしていきましょう。

白日 歌詞考察!

みんな知らないうちに誰かを傷つけている

時には誰かを 知らず知らずのうちに傷つけてしまったり
失ったりして初めて 犯した罪を知る

まずはAメロからです。

対人関係が全てうまくいく、という人はなかなかいないでしょう。

小さないざこざやストレスから人間関係が崩れてしまうというようなことはよくあることです。

自分が意識していないことでも相手が傷ついていて、その人を失ってから自分の罪がわかるんだということを表しているのがこの部分です。

戻れないよ 昔のようには 煌めいて見えたとしても
明日へと歩き出さなきゃ 雪が降りしきろうとも

失った過去はもう戻ってきません。

自分の罪を反省したところでもうどうしようもないのです。

その過去がどれだけきらめいていても、それをいつまでも悔やんでいてはいつまでも前に勧めません。

過去を省みるのではなく、今を全力で生きるべきだというのがこの歌詞の解釈です。

ここでの「雪」という単語は身の回りの困難を指していると思われます。

続いて、Bメロに入っていきます。

自分は何者なのか悩む主人公

今の僕には 何ができるの? 何になれるの?
誰かのために生きるなら 正しいことばかり 言ってらんないよな

過去を振り返らず、未来を見ようとしている自分ですが、実際に何をしたら良いのか、どんな人間になるべきなのかはわかっていません。

誰かに問いかけても、その答えは返ってこないので、自分で考えるしか無いのです。

正しいことばかり言っていては、また傷つけてしまうかもしれません。

この部分からは自分の生き方を見失った自分が表現されているのではないでしょうか。

どこかの街で また出会えたら 僕の名前を覚えていますか?
その頃にはきっと 春風が吹くだろう

ここでようやく、一人称である「僕」という言葉が出てきました。

ということはこれは失恋し、大切な人をなくした男の歌だと言えるでしょう。

傷つけてしまった人とまた、やり直したい。

そしてもしそうすることができるとしたら、そのときには雪(今自分が直面している困難)が溶けたときだということでしょう。

生まれ変わっても変わらないもの

ここからサビに入ります。

真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが
へばりついて離れない 地続きの今を歩いているんだ

このへばりついて離れないというのは傷つけて離れていってしまった女性のことなのではないでしょうか。

生まれ変わったとしても忘れることができないほどに想っている自分。

現実世界ではゲームのようにリセットはできず、過去から地続きになっている今を生きているのです。

真っ白に全てさよなら 降りしきる雪よ すべてを包み込んでくれ
今日だけは すべてを隠してくれ

ここでは、これまでの罪を後悔し、隠したいと願う自分の本心が述べられています。

雪が全て隠してくれたとしたら、もう一度あなたとやり直せるかもしれないという想いが読み取れますね。

しかし、願いとは裏腹に、罪は露呈してしまうものです。

白日のもとに一度出た罪はもう、雪で隠すことはできないのです。

ここから二番に入っていきます。

やり直せない過去への後悔

もう戻れないよ、昔のようには 羨んでしまったとしても
明日へと歩き出さなきゃ 雪が降りしきろうとも

一番でも煌めいて見える過去には戻れないことを嘆いていましたが、二番になっても自分はその考えから抜け出すことができていません。

もう戻れないとわかってはいる。あるき出そうともしている。

しかしなかなかそれができない自分の苦悩が伝わってきますね。

いつものように笑ってたんだ 分かり会えると思ってたんだ
曖昧なサインを見落として 途方のない間違い探し

この部分は過去の情景を思い出している様に思います。

楽しく笑っていた日々の中でも相手は傷ついていたのかもしれません。

自分はその事に全く気づかないで過ごしてきましたが、今思い返すとその日常には相手からのサインが隠されていたのでしょう。

季節を超えて また出会えたら 君の名前を 呼んでもいいかな
その頃にはきっと 春風が吹くだろう

この部分は自分の想いが素直に表されていますね。

時間が立ち、雪が溶け、すべての罪が顕になった自分でも受け入れてくれますか。

という想いが「君の名前を読んでもいいかな」と言う部分に現れています。

真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが
首の皮一枚繋がった 如何しようも無い今を 生きていくんだ
真っ白にすべてさよなら 降りしきる雪よ
今だけはこの心を凍らせてくれ すべてを忘れさせてくれよ

この部分から、男の心情に変化が見られるような気がしますね。

これまでは過去の女性を忘れられずにいた男ですが、ここでは諦めるような歌詞になっています。

傷心し、生きる希望など無いけれど、それでも生きていかなければならない、どうかこの寒い冬が記憶を忘れさせてくれないか、という弱々しい心情が読み取れます。

あわせて読みたい

消せない罪

朝目覚めたら どっかの誰かに なってやしないかな
なれやしないよな 聞き流してくれ
忙しない日常の中で 年だけを重ねた
その向こう側に 待ち受けるのは 天国か地獄か

他の誰かになったら、これまで自分が犯してきた罪を帳消しにできる。

しかし、そんな事ができないのは本人が一番わかっているはずです。

それでもそう願ってしまうというのは男にとって罪が非常に重くのしかかっていることが分かりますね。

いつだって人は鈍感だもの わかりゃしないんだ肚の中
それでも愛し愛され 生きていくのが定めと知って
後悔ばかりの人生だ 取り返しのつかない過ちの
一つや二つくらい 誰にでもあるよな そんなもんだろう うんざりするよ

ここの歌詞で、男の未練が完全に吹っ切れたような感じがしますね。

後悔の一つや二つくらい誰にでもありますが、自分が犯した罪もいつまでも引きずっているのではなく、忘れて前を向かなければいけないと理解したのでしょう。

真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが 
へばりついて離れない 地続きの今を歩いていくんだ
真っ白に全てさようなら 降りしきる雪よ
すべてを包み込んでくれ 今日だけは 全てを隠してくれ

サビを繰り返してこの歌は終わります。

さいごに

ここまで歌詞を通してみると、失恋した男の未練が冬の美しい情景とともに描かれていたのが分かりましたね。

普段は何気なく聞いている歌かもしれませんが、その意味を理解するとより共感ができるのではないでしょうか。

みなさんもいつまでも自分の罪を引きずるのではなく、割り切って忘れてしまうと楽に生きられるかもしれません。

以上で白日の歌詞考察を終わります。

他にも様々なアーティストの歌詞考察をしているので、興味のある方はぜひ見に行ってくださいね!