最新情報を知りたい方はこちら!!

不可幸力【Vaundy】歌詞の意味を考察!タイトルに隠された本当の意味は?

次世代マルチアーティストVaundy

2019年6月からYouTubeや配信サイトで断片的に楽曲を発表しているVaundy。

独創的なサウンドで中毒性のあるかっこよさは、多くの人から支持を集めています。

『不可幸力』は2019年11月9日にMVとしてYouTubeに投稿されました。

1stアルバム『strobo』にも収録されています。

『東京フラッシュ』の次の作品として公開された楽曲ですが、投稿後2週間ほどで50万回再生を記録しており、再生回数が凄まじいです。

知名度を上げるきっかけとなった楽曲の一つと言える曲ですね。

『不可幸力』もまた完成度が高く、いわゆる「エモい」楽曲です。

今回はそんな歌詞の意味を見ていきましょう。

『不可幸力』と「不可抗力」

不可抗力」とは

・天変地異などのように、人の力ではどうすることもできない外部からの巨大な力

・注意や予防などの十分な対策を構じても、なお損害を防ぐことができなかったこと

を意味しています。

つまり、”大きすぎる力の前で抗う力がない”ということです。

この楽曲では、「不可抗力」が『不可』に変えられていますね。

大きすぎる力の前で幸せがない”という意味が込められているのでしょうか。

created by Rinker

不可幸力 歌詞考察!

生きづらい世間

どこにいっても
行き詰まり そして息道理を
そのままどっかに 出すくだり

そんな劣等も葛藤もみんな持ってる
その理由は同じ
え?

ラップ調で始まる冒頭では、

閉鎖的な社会での生き辛さや窮屈を感じているように描いています。

主人公は社会に対して不満を感じ、何か悩みを持ちながら生きているようです。

Ah
なんでもかんでも欲しがる世界じゃない?
また回る世界に飲まれている
それも理由は同じ
膨らんだ、妄想、幻想、真相を、いやあれを探してる

この部分でも、世界に対する不満や不平が語られています。

何もかも欲しがっていては、何も得られない、

何かを手に入れても、別のものへの欲求が湧いてくる、

「妄想」「幻想」が膨らむと、大切なことを見失っている。

そんな社会の中で人間は「あれ」を探している、とあります。

探している「あれ」とは、なんのことでしょうか。

あれって?

あれ、なに、わからないよ
それ、なに、甘い理想に
落ちる

「あれ」は自分自身でも何なのかわかっていないようです

「甘い理想」に関係しているのでしょうか。

何が大切で、自分では何を求めているのかわからない状態である主人公は

また欲望に負けてしまいます。

welcome to the dirty night
みんな心の中までイカレちまっている
welcome to the dirty night
そんな世界にみんなで寄り添いあっている
welcome to the dirty night
みんな心の中から弱って朽ちていく
welcome to the dirty night
そんな世界だから皆慰めあっている

「welcome to the dirty night」を和訳すると、

「汚い夜へようこそ」という意味になります。

人間の狂気や、この生きづらい世の中への思いが込められています。

思うように生きられない日々に心をすり減らして

まさに「弱って朽ちていく」という表現の通りです。

それでも、「そんな世界だからこそ皆慰めあっている」とあります。

なんとか支え合って、寄り添いあって生きていくことの素晴らしさは、この世界の美しさとも言えるでしょう。

一人ではない喜びが伝わってきます。

あれ、なに、わからないよ
それ、なに、辛い日々に
沈む

主人公はまだ「あれ」が何なのか探しています。

「辛い日々」が自分の心を追い込み、次第と落ち込んく気持ちに「沈む」

誰もがそんな日々の中で、お互いに助け合いながら生きようとしている。

ずっと探し出していた「あれ」が次の歌詞で判明していきます。

愛に溢れる

愛で
揺れる世界の中で僕達は
キスをしあって生きている
揺れる世界の中を僕達は
手を取り合っている

これまで生きづらさを語っていましたが、

ここでは「愛」について述べています。

」こそがこの世界において必要で、「」こそが不安だらけの世界に潤いを与えてくれるもの。

「揺れる世界」とあるように前半の歌詞で綴られた生きづらさの原因も

「愛」だったと捉えることができます。

私たちは「愛」に振り回されながらも、

いつも救われているのです。

この世界の美しさ

なぁ、なんて美しい世界だ
僕ら何度裏切りあっていても
まぁ、なんとか手を取り合うんだ
まるで恋愛映画のラストシーンのような

ここでは「美しい世界」について描かれています。

主人公は、過去や未来への不安を抱えながらも、

支え合っていくことが愛の素晴らしさであり「美しい世界」である。

「愛で」

靡く世界の中で僕達は
キスをしあって生きている
靡く世界の中を僕達は
目を合わせあって生きる

自問自答を繰り返しながらも、ようやく答えに辿り着いたのでしょうか。

愛」によって悩みながらも、最終的に幸せになるために「愛」を受け入れた主人公。

どんなに落ち込んでいても、

幸せは誰にだって訪れるものであることを意味しているのでしょう。

タイトルの『不可幸力』は、

”幸せになれない力”ではなく、

幸せになることには抗えない”というポジティブな意味のメッセージなのですね。

created by Rinker

さいごに

Vaundyはこの楽曲に2面性を持たせています。

愛」という感情が「世界を美しく」する

誰もが忘れてはならない大切なものを、音楽を通して私たちに伝えてくれています。

『不可幸力』の他にも、Vaundyの楽曲には

底知れない魅力が詰まっています。

色々な楽曲をちがいを楽しみながらも、じっくり聴いてみてください。