最新情報を知りたい方はこちら!!

ドーナツホール【米津玄師】歌詞の意味を考察!ドーナツホールが表すものとは?

今回は、ボカロ曲でも注目された米津玄師さんの『ドーナツホール』について、歌詞考察していきます。

2014年にリリースされたアルバム『YANKEE』でも、カバー曲として本人が歌っています。

聴き比べてみると、さらに歌詞の意味が深まると思いますよ。

米津さんの想いが、連打し、空に散ったかのような『ドーナツホール』。

その歌詞の神髄に迫っていきましょう。

ドーナツホール 歌詞考察!

思い出せない大切な記憶

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶があったか
どうにも憶えてないのを ひとつ確かに憶えてるんだな
もう一回何回やったって 思い出すのはその顔だ
それでもあなたがなんだか 思い出せないままでいるんだな

思い出せない記憶」とは、なんでしょうか。

この歌詞の主人公は、それを憶えている、と言っています。

明らかに矛盾する歌詞ですが、私にはなんとなく分かる気がします。

なぜかというと、思い出せないんだけれど、たしかにある。

思い出せない、あるいは思い出したくないトラウマなんだけれど、たしかに存在する記憶というのはあります。

人はそれぞれに、何かしらトラウマのような記憶を抱えています。

米津さんにも、もしかしたらそのような記憶があるのかもしれませんね。

そして、次。

何回やったって 思い出すのはその顔」というのは、顔の輪郭はなんとなく分かるんだと思います。

けれども、細部に渡ってその顔を思い出すことはできない、というもどかしさのようなものかもしれませんね。

ドーナツホールの歌詞は、テンポよく進んでいくのですが、どこか周囲との調和が乱れているようにも聴こえてきます。

環状線は地球儀を 巡り巡って朝日を追うのに
レールの要らない僕らは 望み好んで夜を追うんだな
もう一回何万回やって 思い出すのはその顔だ
瞼に乗った淡い雨 聞こえないまま死んだ暗い声

「環状線」の歌詞で、これはもうサラリーマンと呼ばれるような一般人を象徴しているのだと思います。

「朝日を追う」のですから、明るく希望に満ちた描写にも読めます。

一方、社会から弾き出された自分たちは、夜型人間になってしまうよ、ということなのだと思います。

暗く絶望に似た渦の中で、色々ともがいている、という感じでしょうか。

気持ちが弱っている時というのは、生活習慣も乱れるような気がします。

そして、生活習慣が乱れた方たちは、気持ちがさらに弱るイメージをここに書かれているのかもしれません。

先ほどは「何回」だったのに、今度は「何万回」になっています。

トラウマを抱えた時に、思い出を処理したくてたまらない、という感覚に似ているかもしれません。

主人公は涙を流し、相手にほんとうの愛を求めているような描写にも読み取ることができます。

そこは、読者の想像力で、様々に変化するのでしょう。

何も知らないままでいるのが
あなたを傷つけてはしないか
それで今も眠れないのを
あなたが知れば笑うだろうか

何も知らないことによって、相手を理解できない。

それが、相手を傷つけてしまうことになりはしないか。

こういうことだと思います。

そして、眠れない。

あなたは、気にする必要なんてないのに、と笑うだろうか。

このように読み取ることができます。

あなたへの愛と、あなたからの愛が、見えない世界でうごめている気がします。

もしかしたら、この辺りに、『ドーナツホール』を感じ取ることができるかもしれませんね。

簡単な感情ばっか数えてたら
あなたがくれた体温まで忘れてしまった
バイバイもう永遠に会えないね
何故かそんな気がするんだ そう思えてしまったんだ
上手く笑えないんだ どうしようもないまんま

そして、サビ。

「あなたがくれた体温」というのは、簡単な感情ではないと言っています。

そして、別れの寂しさに似た気持ちを抱え、愛情、心の器が、カタカタと鳴っているイメージが湧いてきます。

あきらめに似た感情も、ありますね。

永遠の存在

ドーナツの穴みたいにさ 穴を穴だけ切り取れないように
あなたが本当にあること 決して証明できはしないんだな
もう一回何回やったって 思い出すのはその顔だ
今夜も毛布とベッドの隙間に体を挟み込んでは

ドーナツの穴について、哲学的なことを述べています。

これは、見えない世界やものを、あるのにあると証明できない葛藤に読めます。

そして、うんざりして、自分の世界に入っていくという感じでしょうか。

あるいは、悲しみに似た、沈黙のようなものでしょうか。

死なない想いがあるとするなら
それで僕らは安心なのか
過ぎたことは望まないから
確かに埋まる形をくれよ

「死なない想い」というのは、なんでしょうか。

これは、見えない世界や言葉にできない想いで、それがあることによって安心できるとは限らない、と言っているように読めます。

おそらく、過ぎたことだから、思い出したくない。

その代わり、穴を埋めて、さっさと安心したいという想いかもしれません。

失った感情ばっか数えていたら
あなたがくれた声もいつか忘れてしまった
バイバイもう永遠に会えないね
何故かそんな気がするんだ そう思えてしまったんだ
涙が出るんだ どうしようもないまんま

そして、再びサビ。

思い出せない感情を数えていたら、輪郭がさらにぼやけてしまった、という感じでしょうか。

サビが流れ、曲の真骨頂に近づきます。

あなたの存在

この胸に空いた穴が今
あなたを確かめるただ一つの証明
それでも僕は虚しくて
心が千切れそうだ どうしようもないまんま

ハッキリとは思い出せないけれど、言葉にできない葛藤

それが、あなたの存在であり、たしかに感じるもの。

けれども、それであなたに会ったわけじゃないから、心は落ち着かないまま、という感じなのだろうと推測します。

つまり、ドーナツホールとは、大切なあなたの存在とも言えます。

あなたの名前は

絶え間ない葛藤の中、ふと思い出せない記憶の片隅を思い出す。

それがあなたの名前だった。

それが、あなたのすべてだった。

さいごに

あなたの名前。

それは、微細にして、あなたのすべてだったということでしょう。

誰にでもトラウマはありますが、思い出せない大切な記憶というのもあると思います。

米津さんは、ミステリアスでトラウマをたくさん抱えていたと推測できますが、その繊細で、でもたしかにある存在を読み解くのではなく、感じ取ってほしいと願っていたのかもしれません。

米津さんの曲で救われた、マイナーな方たちも、この世界にはたくさんいることでしょう。

僕も含めて、1人1人のたしかな存在がこの世界にはうごめき、つながっているのだと思います。