最新情報を知りたい方はこちら!!

クリスマスソング【back number】歌詞の意味を考察!クリスマスの定番曲に込められた思いとは?

石原さとみさんと山下智久さん主演の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌として2015年にリリースされたback numberの14枚目のシングル「クリスマスソング」。

切ない歌詞がどこか女々しささえも感じられるback numberの曲は、男女ともに共感できる楽曲が多数あります。

中でも注目を集めた「クリスマスソング」は、その名の通りクリスマスにピッタリの一曲となっています。

今回はそんなback numberの「クリスマスソング」について詳しく考察してきたいと思います。

クリスマスソング 歌詞考察

クリスマスのせい

どこかで鐘が鳴って
らしくない言葉が浮かんで
寒さが心地よくて
あれ なんで恋なんかしてんだろう

クリスマスを象徴するような鐘が鳴る音

らしくない言葉とは、クリスマスに対する皮肉めいた言い回しのように感じられます。

でも浮かんでくるのはクリスマスらしい言葉なのでしょうか。

寒さという言葉で寂しさを表しているようですが、それを心地よいという表現でやはりどこかクリスマスに対する否定的な考えがあるように感じられます。

しかし冷静に考えれば考えるだけ恋している自分に疑問をいだきます。

聖夜だなんだと繰り返す歌と
わざとらしくきらめく街のせいかな

聖夜を理由にクリスマスの歌が繰り返されます。

街がわざとらしくきらめく事で自分が惑わされます。

全てをクリスマスのせいにしてしまおう、そんな風にも感じられます。

会いたい想い

会いたいと思う回数が
会えないと痛いこの胸が
君の事どう思うか教えようとしてる
いいよ そんな事自分で分かってるよ
サンタとやらに頼んでも仕方ないよなぁ

好きな人に「会いたい」と思う回数が、そのまま「会えない」という胸の痛みになって思い知らされます。

その痛みの分だけ好きな人への想いの強さがあるという事でしょう。

サビとなるこの部分では、そんなもどかしいという感情が叫ばれます。

自分ではその事に気付かないふりをしているけど、痛い胸がその感情を自分に教えてくるようです。

しかし、会えないことは分かっているのです。

「いいよ」という言葉が、どこか諦めているようにも感じられ、サンタに頼んでも無理なこともわかっています。

できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
でもこんな事を伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

それでも横に居てほしかったり、どこにも行ってほしくなかったり、僕の事だけを考えていてほしい。

本当は色んな想いがあるけど、格好悪いから伝えられません。

伝えると格好悪いところを見せるようで嫌だから「君が好きだ」という一言で全てを伝えます。

君とクリスマスを

はしゃぐ恋人達は
トナカイのツノなんか生やして
よく人前で出来るなぁ
いや 羨ましくなんてないけど

トナカイのツノを付けたようなはしゃぐ恋人たちを見ては、バカにしたようなセリフを言います。

しかし最後の「羨ましくなんてないけど」の前に「いや」とあるのが、どこか腑に落ちない感情を表し、本当は「羨ましい」という思いがあることを匂わせます。

君が喜ぶプレゼントってなんだろう
僕だけがあげられるものってなんだろう

想うことは君のことで、僕だけがあげられるプレゼントとは何かを考えます。

自分を変えてくれた「君」

大好きだと言った返事が
思ってたのとは違っても
それだけで嫌いになんてなれやしないから
星に願いをなんてさ 柄じゃないけど
結局君じゃないと嫌なんだって
見上げてるんだ

もし大好きだと伝えた答えが、自分の思っていた答えと違っても、もう嫌いになる事も出来ません

諦めきれない想いがあります。

いつもなら星に願いをなんて考えもしないけど、いつの間にか空を見上げてしまっています。

普段ならそんな事しないのに、君を想う気持ちから見上げているようです。

君のことを考えると自分が自分らしくいられない、それほど大好きだという事を強調させます。

あの時君に
出会って ただそれだけで
自分も知らなかった自分が次から次に

出会ってからというもの、自分が自分らしくいられなかったり、沢山の新しい自分を発見し続けます。

出会っただけなのに、それだけで自分を変えてしまうほど「君」に影響を受けて、想いを馳せているのでしょう。

自分でも知らなかった自分。

しかも次から次にと「君」から受ける影響は、自分を大きく変えてくれているようです。

君が好き

会いたいと毎日思ってて
それを君に知って欲しくて
すれ違う人混みに君を探している
こんな日は他の誰かと笑ってるかな
胸の奥の奥が苦しくなる

この想いを「君」には知ってほしい。

常に「君」を思っていて、探してしまっています。

でも叶わぬ恋なのかもしくは自分に自信がないのか、他の誰かと笑っている事を考えてしまいます。

back numberらしい女々しさのような感情がここで見られます。

胸の奥の奥という表現は、かなり深い想いがあることをここでさらに強調させます。

できれば横にいて欲しくて
どこにも行って欲しくなくて
僕の事だけをずっと考えていて欲しい
やっぱりこんな事伝えたら格好悪いし
長くなるだけだからまとめるよ
君が好きだ

最後のサビでも、本当の想いを叫びます。

沢山の想いがあるけれど、やっぱり伝えるのは格好悪いから「君が好きだ」とだけ伝えたい。

聞こえるまで何度だって言うよ
君が好きだ

諦めずに最後まで、「君」に聞こえるまで。

何度でも。

「君が好きだ」この想いを最後の最後まで伝え続けます。

まとめ

back numberらしいどこか自信のない主人公は「君」に対する想いを伝えようとします。

しかし、クリスマスだからと浮かれるのは抵抗がある様子。

クリスマスはちょっと苦手なのかもしれないけど、クリスマスを理由にしてでも伝えたい「君」への想いは深いようです。

耳に残るキャッチーなサビの部分では「君」に対する想いを存分にぶつけた歌詞となります。

自分が変わっても良い、好きでいてくれなくても良い、そんな少し極端でもあり切なくもある想いが詰まった歌詞。

back numberらしい切なくも哀しい、でも強い想いを馳せたラブソング。

クリスマスにぴったりの一曲と言えるのではないでしょうか。