最新情報を知りたい方はこちら!!

沈丁花【DISH//】歌詞の意味を考察!ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の主題歌

今回は10月16日に放送がスタートするドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」の主題歌として書き下ろされた、DISH//(ディッシュ)の新曲「沈丁花(チンチョウゲ)」の歌詞を考察していこうと思います。

DISH//の北村匠海さんとマカロニえんぴつのはっとりさんの共作曲であることが発表されたこの楽曲。

はっとりさんがDISH//の楽曲に参加するのは、昨年8月にリリースされた「僕らが強く。」に続いて2度目です。

DISH//のYou Tubeでは制作過程を見ることが出来ます。

ドラマの内容、楽曲コメントも合わせてご紹介します。

新ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」について

10月からスタートする新ドラマ「二月の勝者-絶対合格の教室-」は、『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載されている同名漫画をドラマ化したものです。

物語のあらすじをご紹介します。

名門中学受験塾の講師をしていた主人公・黒木蔵人(柳楽優弥)が、中堅中学受験塾・桜花ゼミナールを立て直すため、塾長としてやってくるところから物語が始まります。

着任当初は「中学受験は課金ゲーム」「親はスポンサー」など過激な発言で、周囲の講師や保護者から反感を買う黒木でしたが、家庭・学校での悩みを抱える生徒たちにしっかりと向き合うことで、次第に生徒・保護者の心をつかんでいきます。

物語が進むに連れ、明らかになっていく黒木の秘密。

彼はなぜ名門中学受験塾をやめたのでしょうか?

また、黒木の担当する生徒は無事合格することができるのか?

中学受験の現状をリアルに描き、現代の社会が抱える様々な問題に切り込みます。

主演の柳楽優弥さんのほか、井上真央さん、加藤シゲアキさんらが出演しており、ドラマの放送も楽しみです!

DISH// 楽曲コメント

ドラマ「二月の勝者 –絶対合格-」の主題歌の担当になったDISH//の北村匠海さんのコメントをご紹介します。

ドラマ主題歌に決まって、すごく嬉しいです。

僕らも役者をやらせていただいている身として、テレビドラマの作品を後押しできる立場になれるということが嬉しいです。

僕らの曲でドラマを盛り上げられればと思います。

「二月の勝者」は今のリアルな中学受験をポップに描いている作品でとても面白いなと思いました。

分かってるんだけど言えない、期待に応えたいのに思うようにいかない、そんな気持ちでいる人に寄り添えたらと思い、日々前に進む「行進曲」を意識して作りあげました。

僕自身も進学塾に通っていた経験があったので、お父さん、お母さんを想い浮かべながら、作りあげました。

行進曲をイメージして作れられたというこの楽曲。

曲のお披露目が楽しみです!

タイトル「沈丁花」に込められた意味とは?

沈丁花(ジンチョウゲ)は実在する植物の名前で、香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木です。

https://twitter.com/takumi_koeri113/status/1438632900044328960?s=20

夏の梔子、秋の金木犀と並び、三大香木として知られており、よく庭木や垣根として植えられているので、見覚えのある方も多いのではないでしょうか?

沈丁花の花言葉は「栄光」「勝利」で、受験に勝つことを目的としたドラマの内容とも合っていますね。

また、春に咲く花なので受験シーズンともぴったりです。

生徒たちの心にも花が咲くといいですね。

沈丁花 歌詞考察

歌詞が公開され次第、考察記事をアップします。お楽しみに!

さいごに

いかがでしたか?

ドラマの放送、楽曲の披露が楽しみですね。