最新情報を知りたい方はこちら!!

僕らが強く。【マカロニえんぴつ】歌詞の意味を考察!DISH//への提供曲をセルフカバー!

今回は、人気バンド・マカロニえんぴつが2022年1月12日にリリースする新曲「僕らが強く。」の歌詞を考察していきたいと思います。

メジャー1stフルアルバム『ハッピーエンドへの期待は』に収録されている本作。

人気バンド・DISH//へ提供した楽曲のセルフカバーです。

歌詞にはどんな意味が込められているのでしょうか?

アルバムの情報と合わせてみていきましょう!

メジャー1stフルアルバム『ハッピーエンドへの期待は』

2022年1月12日にリリースされる、ファン待望のフルアルバム。

サプライズ配信され、話題になった新曲「なんでもないよ、」がリードトラックとして収録されている他、アニメや映画の主題歌として使用された「生きるをする」「mother」「はしりがき」などタイアップソングも収録。

新曲も多数収録された盛りだくさんのアルバムとなっています!

リリースが楽しみです!

僕らが強く。 歌詞考察

愛は落としものだ
誰かの落としものは今日も
間違えてポケットを滑り落ちた
で、僕や君が拾ってたりする
だからね、失くしものじゃない

冒頭では、「僕」の考える愛が歌われています。

愛は「失くしもの」じゃなく、「落としもの」。

この世から消えてなくなってしまったわけじゃなく、ポケットから滑り落ちて落としてしまったもの。

誰かが拾って、また戻ってくるかもしれないから、安心してと呼びかけているように感じました。

離れても 話の続きを抱きしめて 抱きしめて
止められないし止めさせない
だって音楽は鳴り続けてる

愛を落としてしまっても、二人の物語は続きます。

「音楽は鳴り続けてる」=生きている・人生は続いているといった意味でしょう。

一時的に愛を落としてしまっても、私達の生活は続きます。

どこかでまた、愛を拾ったり、落とした愛が手元に返ってきたりして進んでいくのです。

失くしものではなく、落としものとして捉えているからこそ、できる考え方ですね。

笑ってたいんじゃなくてね、笑い合ってたいのだ
今までも そしてこれからも
分かってないことをもっと分かち合ってたいのさ
足りないものばかりの僕らなら
何度も出会えるからね

自分一人が笑っていたいのではなく、誰かと笑い合っていたい。

自分以外の誰かがいて、初めて笑い合うことが出来ます。

笑い合った大切な人と、お互いの分かっていないこと、知らない一面を分かち合う、一人ひとり違う人間だからこそ、二人でいると楽しい時間を過ごせます。

DISH//がこの曲をリリースしたのは2020年の8月、新型コロナウイルスの影響で今ほど自由に動けない状況でした。

そうした背景を思い浮かべながら、聴いてみると違った印象を受けますね。

誰かと一緒にいるということの大切さ、ありがたみが分かる歌詞です。

愛は見つかりましたか?
傷だらけの日々をそっと許して
歩き出すことにしたんだ
なあ、どうか生きることを譲るなよ
強く 僕らが強く

冒頭で、愛を落としてしまった人に問いかけています。

落としてしまった愛を見つけることは、出来たのでしょうか?

「どうか生きることを譲るなよ」と呼びかける「僕」、同じような経験をして、過去を許し歩き出した主人公だからこそかけられる言葉ですね。

タイトルにもなっている「僕らが強く」。

この言葉は、自分が弱いと認めたからこそ出てくる言葉です。

一人ひとりは弱くてちっぽけな人間だからこそ、誰かと笑い合って、分かち合って強くなろうとしています。

「強くなる」「強くありたい」ではなく、「強く。」で終わっているのも、注目ポイントですね。

自分自身に呼びかけている素敵な歌詞です。

君の正義は君が信じ抜いてあげてね
こわくて弱くて逃げ出したい夜こそ

友よ涙よ希望よ歌よ、何も死なないでくれお願いだ
逃げ場所を守るためだったら僕も行く、僕らも戦うよ

僕らが強く。あるためには、「こわくて弱くて逃げ出したい夜こそ」自分の正義を信じ抜くことが大切です。

後半の主人公の願いは、「生きることを譲るなよ」からの続きのメッセージですね。

友・涙・希望・歌の逃げ場所、大切にしている場所を守るためなら、「僕らも戦うよ」。

自分の弱さを認めた僕が、逃げ場所を守るために必死に戦う、僕の想いの強さが伝わってきます。

叶わない夢でも語り合ってたいのだ
思い描いた今日とは違っても
ふさがれてたまるかよ、ふざけ合ってやるよ
足りないものだらけの僕らなら
何度も出会えるからね
何度も出会わなくては

自分が予想した今日とは違っていても、未来を見て「叶わない夢」でも語り合っていたい。

希望に溢れた未来を塞がれてたまるか、皆でふざけて乗り越えてやるという気概が伝わります。

新型コロナウイルスの影響で一変してしまった人々の生活、先の見えない状況に対しての言葉なのではないでしょうか?

リリースして約1年たった今、なんとか乗り越えたと言ってもいいのかもしれません。

これから何度も襲ってくるであろう脅威や、立ちふさがる困難も、君と力を合わせて乗り越えていく。

何度も出会って強くなって、愛を落としては拾って、どんなときでも生きることを諦めない、人間の強さが見えた気がしました。

辛いときでも「僕らが強く。」という言葉を思い出して、頑張れそうですね!

さいごに

いかがでしたか?

DISH//の「僕らが強く。」も良いですが、マカロニえんぴつが歌うと、どんな印象になっているのでしょうか?

アルバムの発売が楽しみです!

error: Content is protected !!