最新情報を知りたい方はこちら!!

青と夏【Mrs. GREEN APPLE】歌詞の意味を考察!青春と恋を描いた最強夏ソング!

今回は2018年8月にリリースされた7作目「青と夏」の歌詞考察をしていきます!

「青と夏」はMrs. GREEN APPLEでギターを務める大森元貴さんが作詞作曲を手掛けました。

映画『青夏 きみに恋した30日』の主題歌に起用されており、爽やかな夏の恋を描いた楽曲に仕上がっています。

ストリーミング再生回数の累計がバンドとして初めて1億回を突破し、もはや「夏といえば」といった大人気曲になっています。

では早速歌詞の考察を始めていきましょう!

青と夏 歌詞考察

夏の爽やかな開放感

涼しい風吹く
青空の匂い
今日はダラッと過ごしてみようか

曲冒頭では夏に吹く「涼しい風」と「青空の匂い」と表現された夏独特の雰囲気が描かれています。

心地よい空気に「ダラっと過ごしてみようか」とリラックスした様子が描かれています。

風鈴がチリン
ひまわりの黄色
私には関係ないと
思って居たんだ

続く歌詞でも同じように夏の情景が描かれます。

風鈴の音やひまわりを見て、主人公は「私には関係ない」と思っていたようですが、実は関係があるようです。

主人公に来た「夏」

夏が始まった
合図がした
“傷つき疲れる“けどもいいんだ
次の恋の行方はどこだ
映画じゃない
主役は誰だ
映画じゃない
僕らの番だ

このサビで歌われる「夏」はそのまま「恋」に変換できます。

主人公が「関係ない」と思っていたのは恋で、しかし主人公にも夏と共に恋の季節が訪れます。

恋をすることは「傷つき疲れる」ことですが、それでも「いいんだ」と恋の始まりを受け入れています。

というよりは既に何度か傷ついて疲れていたようです。

しかし主人公は「次の恋の行方はどこだ」と恋を探すように精力的になっています。

そしてその恋の主役はこの主人公。

決して他人事として見る「映画じゃない」のです。

優しい風吹く
夕焼けの「またね」
わかっているけどいつか終わる

夕焼けの描写と共に「またね」と別れが描かれています。

一日の終わりは恋の終わりを表し、いつか終わりが来ることを主人公もわかっています。

風鈴がチリン
スイカの種飛ばし
私にも関係あるかもね

風鈴の音が1番より少し物悲しげな雰囲気を醸し出しますが、夏の描写に対して「私にも関係あるかもね」とまた恋が始まることを示唆しています。

青春を思い切り駆け抜ける

友達の嘘も
転がされる愛も
何から信じていいんでしょうね
大人になってもきっと
宝物は褪せないよ
大丈夫だから
今はさ
青に飛び込んで居よう

生きていると人の言葉に騙されたり裏切られることも多々あります。

「何から信じていいんでしょうね」と別れを何度か経験した主人公は少し卑屈になっているようです。

しかしそれでもそんな日々を「宝物」と表現し、「大丈夫だから」と自分を鼓舞して「青」に飛び込んでいます。

夏の雰囲気から「青」は海を想像しますが、ここでいう「青」は青春のことと思われます。

短い青春を思い切り謳歌しようという「青い」メッセージが込められています。

夏が始まった
恋に落ちた
もう待ち疲れたんだけど、どうですか??
本気になればなるほど辛い
平和じゃない
私の恋だ

私の恋だ

そしてサビでまた「夏」が始まり、2番では「恋に落ちた」と明言されています。

しかし恋は本気になればなるほど悩み傷つくもの

決して心情的には平和とは言えませんが、それも本気で恋をしている証拠です。

それが「私の恋だ」という歌詞に表れています。

これを2回繰り返していることから、恋をしている状況を噛み締めているように感じられます。

「繋がり」を求める本能を讃える

寂しいな
やっぱ寂しいな
いつか忘れられてしまうんだろうか
それでもね
「繋がり」求める
人の素晴らしさを信じてる
運命が突き動かされてゆく
赤い糸が音を立てる
主役は貴方だ

どんなに仲良くしていた人でも、恋人だった人でも、いつかは自分のことを忘れてしまうかもしれません。

それでも人との「繋がり」を求めるのが人間という生き物

そんな人間の本能を「素晴らしさ」と表現し、人間を讃えています。

そして「運命が突き動かされてく」「赤い糸が音を立てる」と恋に向かっていく様子を描いています。

夏が始まった
君はどうだ
素直になれる勇気はあるか
この恋の行方はどこだ
映画じゃない
愛しい日々だ

このサビでは「君はどうだ」と聞いている人に語りかけるように恋が始まったことを知らせています。

「素直になれる勇気があるか」というのは青春時代の恋を謳歌するには素直になることが必要だからです。

「この恋の行方はどこだ」ときいているのは、続く歌詞にもあるようにその恋は「映画じゃない」から。どうなるかは自分が素直になれるかどうかにかかっているのです。

恋に飛び込んでいく

恋が始まった
合図がした
今日を待ちわびた なんて良い日だ
まだまだ終われないこの夏は
映画じゃない
君らの番だ
映画じゃない
僕らの青だ

映画じゃない
僕らの夏だ

ラストサビでは「恋が始まった合図がした」と今まで「夏」だった部分がに変わっています。

そんな恋が始まる日を待ち侘びていた主人公。「まだまだ終われないこの夏は」と今回の恋に本気であることが伺えます。

夏と共に始まった恋は「映画じゃない」のです。「僕らの青」と表現されているように、自分たちだけの青春で、結末を決めるのは自分たちなのです。

爽やかに夏の恋を描いた曲で、青春を思い切り謳歌しろ、と若者を鼓舞するような曲でしたね。

さいごに

圧倒的な爽やかさと夏っぽさで今や最強夏ソングと言っても過言ではない「青と夏」ですが、「短い青春」を歌っているにも関わらず既に3年以上ヒットし続けるロングヒット曲となっています。

これはMrs. GREEN APPLEの気持ちの良い高音と爽やかな曲調が、「THE 夏」という曲を生み出す一因となっているためです。

歌詞はわかりやすく青春の恋を描いていますが、やはり実際に曲を聞くとその爽快感は圧倒的です。

更なる大ヒット作を期待して、Mrs. GREEN APPLEの今後を見守りましょう!

error: Content is protected !!