最新情報を知りたい方はこちら!!

心に響く歌声のシンガーソングライター清水翔太の魅力をご紹介!

今回は、圧倒的な歌唱力と歌声が魅力のシンガーソングライター清水翔太さんについて紹介していきます。

デビューして以来、数々のヒット曲を生み出しています。

プロフィールと経歴

1989年2月27日に大阪府八尾市で生まれました。

清水翔太さんの祖母がカラオケ店を営んでいたため、2・3歳から歌っていたそうです。

中学卒業後は、地元大阪の音楽スクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられたことをきっかけに作詞・作曲・アレンジを行うようになります。

2006年、読売テレビとソニーミュージック主催の全国ボーカルリストオーディションに出場し、トップ10のファイナリストにまで残ったそうです。

このオーディションをきっかけにソニーミュージックと契約を交わし、本格的に活動を開始していきます。

2007年、NYの音楽の殿堂「アポロシアター」のステージ位n平成生まれのの本人として初めて出演し、地元の新聞では「100万人に1人の生まれながらのソウル・シンガー」と絶賛されます。

2008年2月10日、「HOME」をリリースし、メジャーデビューを果たします。地元大阪で行われたリリース記念のフリーライブでは4000人を動員しました。

同年6月4日、シングル「アイシテル」をリリースし、前作を超えるオリコン初登場4位を記録しました。

同年11月26日には初のアルバム「Unbrella」をリリースし、平成生まれ初のオリコン2位を記録しました。

2009年、初のワンマンライブツアー「Umbrella Tour 2009」を東名阪で行い、全会場チケットが即完となりました。

同年5月13日、『加藤ミリアx清水翔太』の20歳同士でのコラボシングル「Love Forever」をリリースし、着うた230万ダウンロードと大ヒットしました。

同年12月9日、シングル「君が好き」をリリースし、自身初の着うたフルウィークリー1位を獲得。

2010年、2度目の全国ワンマンライブツアー「Jorney Tour 2010」を開催し、全国9公演チケットが即完。それぞれの会場での豪華共演ゲストが登場し、東京公演には加藤ミリアさん他、NYからJOEが来日し、ライブでのデュエットはとても盛り上がりました。

その後も精力的にツアーを行い、2016年10月には自身最大のストリーミングヒットとなった「My Boo」をリリース。

2017年、メジャーデビュー10周年を記念し東名阪ツアー「Shota shimizu 10th memorial & BDAY special live」を開催。

おすすめの楽曲

デビューして以来、数々のヒット曲を生み出している清水翔太さんのおすすめの楽曲を紹介していきます。

HOME

2008年リリースのデビュー曲です。この楽曲は清水翔太さんの代表曲とも言えるでしょう。

10代の男性シンガーソングライターとして史上初のオリコン初登場5位を獲得しています。

この楽曲を聴くとなんだか懐かしくなるような気がします。

My Boo

この楽曲は2016年にリリースされました。

Booとは英語で恋人・愛しい人・可愛い人・大切な人といった意味があり、タイトルのMyBooとは「僕の大切な人」という意味になりますね。

男性目線で歌われたストレートな想いが特徴的ですが、女性からも共感を得ています。

2018年に當山みれいさんがアンサーソング「Dere My Boo」をリリースし、さらに人気となりました。

花束のかわりにメロディーを

この楽曲は2015年にリリースされました。

清水翔太の真骨頂とも言えるまっすぐなラブソングです。

これまで多くのアーティストのカバーされていました。

また、THE FIRST TAKEで歌われた動画は500万回再生を超えています。

この動画では伴奏がピアノのみで、また違った深みのあるアレンジとなっています。

Dream

2014年にリリースされ、テレビ東京系ドラマ「なぞの高校生」のエンディングソングでした。

夢を追いかける若い世代へのメッセージが歌われています。

「君がいるから諦めない ありがとう 君に会えてよかった」という歌詞がとても素敵です。

まとめ

いかがでいしたか?

ラブソングから応援ソングまで、どの曲も素敵な歌声とメロディーが最高でした。

また、2020年には「清水翔太のげーむちゃんねる」が開設され、ゲーム実況やプレイ動画を配信しているます。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

error: Content is protected !!