【indigo la End(インディゴ ラ エンド)】天才・川谷絵音のもう一つのバンド

indigo la End(インディゴ ラ エンド)

『indigo la End(インディゴ・ラ・エンド)』は2010年に結成された4人組バンドで、ゲスの極み乙女。の川谷絵音を中心に結成されました。

繊細な歌詞が特徴で、失恋ソングのヒットメイカーです。

ゲスの極み乙女。の他、複数のバンドを掛け持ちし、他のアーティストに楽曲提供も行う川谷絵音。

彼の才能は留まるところを知らず、indigo la Endでは失恋や片思いに苦しむすべての人の心に染み込む楽曲を作っています。

川谷絵音の紹介記事はこちら

どの曲も素晴らしいクオリティですが、特に聴いてほしいのが『さよならベル』です。

疾走感のある軽やかな曲調で聴きやすく、失恋して傷ついた心を洗ってくれるような楽曲です。

「起きたらまた上手くいくよな」「ああ、目が覚めたら君はいない」と想像しただけで胸が痛む歌詞が連続しますが、曲調のおかげで深刻にならず、爽やかに聴くことができます。

さて、ゲスの極み乙女。と比べられることが多いindigo la Endですが、実はindigo la Endの方が先に結成されています。

ゲスの極み乙女。の記事もご覧ください

メンバーを比べるとキーボードがいるかいないかの違い、と言われることもありますが、そんなに単純なものではありません。

ヒップホップもプログレも演奏する激しい楽曲が特徴のゲスの極み乙女。とは違い、indigo la Endは恋愛をテーマにした切ない楽曲が特徴です。

コアなファンによると、川谷絵音の本質はindigo la Endの方によく出ているそうです。

indigo la Endもファンを獲得して有名になってきつつあるので、なんとゲスの極み乙女。と同じイベントに出演することも。

川谷の2バンドが同じイベントで見られるという、ファンにとっては堪らない展開もこれからますます増えていくでしょう。

バンドの個性を使い分けて自分の表現したいことを音楽にする川谷絵音。

21世紀の天才アーティストであることは間違いないので、indigo la Endにも注目です!

indigo la End おすすめの曲まとめ!

名曲揃いのindigo la Endの楽曲。

なかでも初めて聴く人におすすめの楽曲をまとめてみました!

夏夜のマジック

indigo la Endの楽曲の中でも名曲と名高いこの曲は、ひと夏の恋に思いを馳せる主人公の歌う物悲しいメロディから切なさが伝わってきます。

夏のおわりを感じさせるラブソングです。

リスナーのコメント

今日は花火大会。なにもせずに家でひとりです。寂しくないです。別に悲しくないです。ちょっと2年前の夏の夜のマジックを思い出しただけです。今なら君のことわかるような気がする。

なんていうか洗練されてる
もっと女抱いて、いい曲出して欲しいって思ってしまう

この曲聴くといつでも夏に帰れる不思議な名曲。夏が好きだ。

華にブルー

indigo la End メジャー6枚目のアルバム「夜行秘密」に収録されたこの楽曲は、無駄を省きたかったという川谷のコメントどおり、一人称・二人称の歌詞を省き、最後に「あなただけ」という二人称が出てくる。

手話を取り入れたMVも必見です。

リスナーのコメント

「多分これで良い」の手話付けが「本当に、大丈夫」なのが好き

最後の「こんな苦味は味わえないやっぱあなただけ」なんてこんなに苦しくて愛おしい歌詞よく思いついたな…なんだ、天才か…

ブルーと言っても真っ青じゃなくて淡い雰囲気がぴったり 良いMV

あわせて読みたい

夜の恋は

こちらも「夜行秘密」収録の一曲、5年前に川谷が書き上げた作品をアレンジする形で作成されました。

宇宙服のヘルメットのようなものをかぶった川谷が登場するMVの考察も話題になりました。

リスナーのコメント

小さいことかもしれませんが、 「好きになりたくなかった」じゃなくて 「好きにならずにいたかった」っていう言い回しがとても綺麗で好きです。

アホなおれにはMVが難解すぎる

終わった恋に建てた墓標が美しすぎて、心を寄せる人が後を絶たない遺跡みたいになってんのよ

ほころびごっこ

映画「ごっこ」の主題歌として、映画を見た川谷が書き下ろした楽曲です。

他人に知られてはいけない秘密を抱えた主人公のごっこ生活が、ある事実によって突然崩壊してしまうという映画「ごっこ」。

突然ほころびが生まれてしまうごっこを表現した楽曲です。

リスナーのコメント

熱愛も浮気も不倫も炎上も批判も、良曲の養分にしかならない説

川谷絵音が歌詞にしちゃうような人生も悪くないって。

絵音の限界が分からん。前の曲を毎回毎回上回ってくる曲を作れるのは絵音ぐらいだと思う。

蒼糸

川谷絵音の天才的な作詞力を見ることができるこの楽曲。

「起承転結 3文字目半の糸」自分の中で終わっていない恋を表現した歌詞は失恋の悲しさを思い出させます。

運命の赤い糸の逆、蒼い糸をうまく表現している楽曲です。

リスナーのコメント

「一番下手になった時こそ本当に誰か好きになる」
ここの歌詞凄く良い。

この曲は愛する人への心残りがあり起承転結の結をできずに、糸へんで止まっている人を歌っているような気がします。ずっと糸を引きずっていて、あなたがいれば糸と吉を結び結句することができる=あなたがいないから結ぶことは出来ない。

indigoの曲って初めてでも凄く良いけど、聞けば聞くほど良さが分かってくるんだよね…

想いきり

「私が何人目なの?」という歌詞から始まるこの楽曲は、プレイボーイな主人公とメンヘラな彼女のすれちがいを描いています。

想いを切る心情がうまく歌詞で表されているこの曲は、indigo la Endファン必聴の一曲です。

リスナーのコメント

川谷絵音の歌知らない人は本当に損してる

今回のアルバムは間違いなく名盤になると思う。Indigo la Endはいつも新たな進化を遂げ、僕の心を躍らせてくれる。ありがとう。

日本人じゃないですけど、indigo la Endのミュージックは自分のミュージックに強い影響を与えてくれています。
ちゃんと聴いていて、いつも何かを学べます。

見せかけのラブソング

川谷が鳥かごの中で歌うMVが目を引くこの楽曲は、自分に自信がない女性が主人公のラブソングです。

鳥かごの描写から束縛感が強い主人公は、主人公に対する気持ちが殆どない男を束縛した上で自分の愛を伝えているのだと思います。

まさに「見せかけのラブソング」ですね。

リスナーのコメント

プレイバックもこれも女性がいい意味で可愛すぎなくて綺麗すぎなくてすごいいい

曲作るの本当うまいですよね!

絵音くん、天才としか言いようがない。

indigoの曲ってとくに夜に聴くと落ち着く雰囲気になる曲が多くて大好き。

けど、今回の曲はどの時間帯に聴いても合うしかつ、indigoらしさが出ててとても好きです。

さいごに

indigo la Endでも天才的な才能を発揮する川谷絵音。

indigo la Endの今後の活動にも注目です。

川谷絵音の紹介記事はこちら