eill(エイル) | ナイト・ドクターのオリジナルナンバー!プロフィール、おすすめ曲を紹介します

2018年にメジャーデビューし、若手シンガーソングライターとして注目を集めているeill(エイル)さんをご存知ですか?

国内外の有名アーティストの楽曲に客演として参加し、話題になっている彼女。

6月21日から放送されるドラマ「ナイト・ドクター」の主題歌に抜擢されています。

今回の記事ではeillさんのプロフィールや参加した楽曲、おすすめの曲についてご紹介します。

eill プロフィール・音楽活動

eillさんのプロフィール・これまでの経歴についてまとめました!

プロフィール

本名:非公開

生年月日:1998年6月17日

出身地  : 東京都

職業 : シンガーソングライター(2018年〜)

eillさんは小学生の時にK-POPにハマり、韓国のアーティストを目指していたそうです。

最初は音痴だったというeillさん。

韓国人の先生からスパルタレッスンを受け、ほとんど毎日夜10時までレッスンを受けて帰宅するという生活をしていたとインタビューで答えています。

その後、15歳という若さでJazz Barで歌うようになったeillさんは、その頃から両親に買ってもらった機材を使い楽曲制作を始めました。

2016年から一年間ほど、シンガーソングライターによる音楽ユニット「ぷらそにか」で「ENNE(エネ)」という名前で音楽活動を行っていました。

「ぷらそにか」はYOASOBIのikuraこと幾田りらさんが所属していたことでも有名ですね。

2017年には韓国のヒップホップ・アーティストRheehabとOceanと制作した音源「721」をSoundCloudという音声ファイル共有サービスに公開します。

翌年2018年にはシングル「MAKUAKE」にてメジャーデビューを果たし、m-floがさまざまなアーティストとコラボレーションする“loves”プロジェクトの楽曲に参加したり、SKY-HIとコラボレーションし、持ち前の才能を存分に発揮しました。

eillの名前の由来は?

アーティスト名のeill(エイル)は、北欧神話に登場する体や心の傷、どんな病にも効く癒しの力を持つ女神エイルから取ったそうです。

自分の音楽を聴いた人を癒やしてあげたいという想いが込められています。

本名は公表していませんが、デビュー前の名前がENNE(エネ)だったことを考えると、えがつく名前なのかもしれませんね。

eill おすすめ曲5選!

これからの音楽界を担う次世代シンガーソングライター・eillさんのおすすめの楽曲をご紹介します。

MAKUAKE

自身のメジャーデビュー曲です。

「誰かがいいじゃなく、自分がいいと思う曲を作ろうと思い、自分の人生を切り開くという意味を込めました」というコメントどおり、若さ溢れるエネルギッシュでアップテンポな曲ですね。

リスナーのコメント

スピーカーで聞いてまあまあ良い曲やなって思いつつイヤホンで聞き直したら神曲だった ベースめっちゃ刺さる

ラジオで初めてこの曲を聞いてeillちゃんに出会えました! このカッコ良さがたまらないです!

カッコいいーーっ!女子が憧れる女子💕これからも出す曲が楽しみです☺️💓

created by Rinker

ここで息をして

アニメ「東京リベンジャーズ」のエンディングとして書き下ろされ、自身初のデジタルシングルとしてリリースされました。

攻撃的なブラスサウンドと繊細なピアノサウンドが複雑に混ざり合うジャジーかつアッパーなチューンです。

アニメヒロイン「橘日向」の気持ちを想像して書いた楽曲で、ヒロインの「真っ直ぐで素直な思い」を歌詞に落とし込みつつも、曲としてはヒロインの「芯の強さ」をイメージした二面性を持っています。

リスナーのコメント

そばにいてほしい事をここで息をしてと表現するセンス

他の人も言ってるけど、椎名林檎と宇多田ヒカルが絶妙に合わさってる感じ。初めて聞いたとき、作詞作曲が林檎さんで歌がヒッキーさんかな?と思った。好きです。

この曲聴きながら外で歩いてるとなんか自分がいい女になった気がする(語彙力)

SPOTLIGHT

のりやすいリズムが特徴的なこの楽曲。

過去に所属していたユニット・ぷらそにかにもカバーされています。

同じ曲ですが印象が違いますね。

リスナーのコメント

オシャレすぎる、聴いてる自分までオシャレになった気分になる

名前は忘れたけどリズムは忘れなかった。 やっと突き止めた。

自分の求めてる音が流れ込んでくる感じ

created by Rinker

20

元々韓国のアーティストを目指していたというeillさん。

自身が20歳のときに制作されたこの楽曲は、韓国の曲のような印象を受けます。

若い世代の多いリスナーに向けて「これからも自分らしく生きよう」というメッセージが込められた楽曲です。

リスナーのコメント

みんな知ってると思うけどeillさんはK-pop歌手になりたかったそう。だからGee Geeとか歌詞に出てくるって!それにしても幸せになる曲にめぐりあえたことに感謝。

まじ20歳全員に聞いてほしいレベル

死ぬほど聞いてて、いざMV見に来たらめちゃくちゃエモかった

20
created by Rinker

FUTURE WAVE

アップテンポで疾走感のある楽曲です。

この曲の中毒性にハマる人が続出しています。

リスナーのコメント

wooとか、Yeahとかの意味は無いけど存在感のある単語が好き

この人の作曲センスはホントすごいと思う

昔ぽいのがなんか親近感わくからなのかわかんないけど ずっと聴いていたいぐらいハマる

created by Rinker